• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

リハビリテーション科

診療内容

リハビリテーション科部長以下理学療法士4名・作業療法士1名にてリハビリテーションを実施しています。

【リハビリテーション科基本方針】
1.急性期医療機関のリハビリテーション科として入院・手術後早期からのリハビリテーションを行い患者様の早期退院および家庭・社会・職業復帰を目指します。

2.長期にリハビリテーションの必要な患者様には地域の回復期リハビリテーション病棟を有する病院・施設等と連携を図り、遅滞なく患者様にとって最良のリハビリテーション医療が提供できるよう努めます。

3.退院後の患者様や外来患者様に対しても必要性に応じて外来での通院リハビリテーションを実施しています。

クリックするとそれぞれの詳細な説明へジャンプします。

診療内容詳細

理学療法

理学療法は疾病やケガ、手術により身体に障害のある方々、また障害の発生が予測される方々に対し、主としてその基本的な動作能力(座る・立つ・歩く等)の回復や維持、及び障害の悪化の予防のために、運動療法をはじめ、日常生活活動訓練、温熱・光・水・電気等の物理療法などの治療・訓練・指導および援助を行います。

訓練室、リハビリ庭園

作業療法

作業療法では食事や衣服の着脱、 入浴、家事といった日常生活に必要な応用動作の訓練を主に行います。また、様々な作業活動を通して、上肢や手指の運動機能の回復を図るとともに感覚機能や認知機能に対しても働きかけます。個人に応じて、家庭復帰や職場復帰に必要な適応能力の獲得を促すための訓練プログラムを実施します。また障害の軽減のための装具や自助具の利用も指導します。

このページのトップへ

医師・スタッフ紹介

大野 充繁 (リハビリテーション科部長)

医師

山口 拓也

理学療法士

松本 圭司

理学療法士

中正司 裕紀

作業療法士

田中 寛晃

理学療法士

岡田 仁志

理学療法士

このページのトップへ