• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

緩和ケアチーム

緩和ケアチームのご案内

 緩和ケアとは、がんに伴う苦痛症状を全人的(身体的・精神的・社会的・霊的)な視点で緩和し、よりQOL(生活の質・生命の質)を向上させることを目的として行われるケアです。対象は患者様だけではなくご家族も含め、がんと診断された時から患者様・ご家族を中心としたチーム医療で行われます。

 がんの治療や診療を一つの柱としている市立貝塚病院でも2008年の4月より「緩和ケアチーム」を結成し、院内のがん疼痛ケアの充実を目指す活動に着手致しております。
 腫瘍内科医・麻酔科医を中心に薬剤師・ソーシャルワーカー・緩和ケア認定看護師をコアメンバーとし、各科代表医師、各病棟リンクナース、リハビリテーション科、栄養管理室、放射線科、医事課と他職種が参加して、週1回のケースカンファレンス、月2回の病棟回診を行っております。

 がん療養に関してどの病期の患者様・ご家族の相談にものることができますので、一人で悩まずに声をお掛けください。