• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

DPC指標について

はじめに(概要)

DPC指標とは、どのような診療を行っているか、質はどうなのかを具体的な数値で示し、客観的に評価することを可能としたものです。指標を分析し、経年変化をみていくことで医療の質の向上を図り、地域住民を守る良質な医療の提供ができるよう、今後とも努力していきたいと考えております。

主な定義

・平成29年度(平成29年4月1日から平成30年3月31日)に退院された患者さんであり、一般病棟に入院された患者さんが対象です。
・医療保険を使用された患者さんを対象とし、自動車賠償責任保険や、労災保険、自費等の患者さんは含みません。
・入院後、24時間以内に死亡された患者さんは、対象外となります。
・全集計について、患者数が10人未満の場合は、「−(ハイフン)」を表記しています。

集計項目

1.年齢階級別退院患者数

当院の一般病棟を退院された患者さんの年齢階級別(10歳刻み)患者数です。

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診療科別に症例数の多い入院についてDPCコード、DPC名称、患者数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢を示しています。

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

5大癌について、集計期間中に入院治療を行った、初発患者の病期分類による退院患者数を、再発患者は期間内の延べ患者数を示しています。
なお、当データはDPCデータを基にしており、同一患者の複数回入院など、重複したデータを含みます。診断確定時に一度のみ登録されるがん登録とは異なりますので、ご注意ください。

5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がんの事をいいます。UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、癌がどれくらい進行しているのか、T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を、一度に表すことが出来るように作られたのがStage分類です。Stageは、StageⅣまであり、StageⅣが最も進行していることになります。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等

入院の契機となった傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(誤嚥性肺炎、インフルエンザ肺炎、ウイルス性肺炎を除く)であって、市中肺炎(普段の生活の中で罹患した肺炎)の患者さんについて、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。重症度は、成人市中肺炎診療ガイドラインの肺炎重症度分類に基づき決定しています。なお、年齢が15歳未満は除外しています。

5.脳梗塞のICD10別患者数等

「ICD10」とは、疾病及び関連保健問題の国際統計分類です。疾病の種類をアルファベットと数字によって表しています。脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診療科別に手術件数の多い上位3術式と、それに対する患者数、平均術前・術後日数、転院率、平均年齢を示しています。なお、輸血関連は除外しています。

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・手術後の合併症の発生率)

臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である敗血症、播種性血管内凝固症候群、その他の真菌症について発症率を示しています。
 

 

市立貝塚病院 平成29年度DPC指標 こちら

市立貝塚病院 平成28年度DPC指標 こちら

市立貝塚病院 平成27年度DPC指標 こちら