• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

令和元年度 市立貝塚病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 664 103 98 253 693 823 1194 1914 1033 126
幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいておりますが、70歳台の患者さんが最も多く全体の約30%となっています。また、今年度においては、70歳以上の患者さんが増加傾向にあり、全体の約45%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 26 17.73 13.72 0 65.69
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 20 16.75 15.15 20 79.65
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 24.94 17.71 35.29 82.53
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 3 3.01 5.88 70.88
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア2 17 19.59 15.17 29.41 84.71
内科疾患全般を取り扱っていますが、2型糖尿病に対しての血糖コントロール、教育入院が多くなっています。次に心不全や、狭心症等の心疾患治療の高齢患者さんが増加しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 なし 146 1.01 2.48 0 4.38
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1 あり 130 1 2.15 0 2.61
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 69 6.13 6.19 2.9 1.42
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 60 5.73 5.69 0 3.98
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 50 4.14 5.39 0 3.82
小児科では、15歳未満の患者さんを治療しています。小児科外来では「アレルギー外来」を設置しています。小児の食物アレルギーの診療は、従来の「疑わしくは除去」から「必要最小限の除去」、「食べられる可能性を探る」へと変わってきました。外来での負荷試験の他に、重いアレルギー症状を起こす可能性がある患者さんには、入院による食物経口負荷試験を行っています。また、小児に多い急性気管支炎や肺炎など、急性期疾患の入院を多く受け入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 53 5.92 4.85 1.89 71.92
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 47 7.19 6.37 0 65
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 17.58 15.02 6.45 68.52
060020xx99x50x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 31 7.97 7.32 0 71.03
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 9.63 7.13 3.33 64.4
鼠径ヘルニア、胆嚢疾患、大腸がんにおいて、腹腔鏡下手術が多くなっています。当院では、平成30年10月より「低侵襲外科手術センター」がスタートしています。当センターでは、医師・看護師・臨床工学技師が1つのチームとして、様々な角度から腹腔鏡下手術の安全性の向上に取り組んでいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 39 31.05 25.94 87.18 80.87
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 28 21.54 19.4 32.14 78.75
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 27 26.33 23.56 37.04 73.22
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 18 21.22 16.54 11.11 74.78
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 18 26.61 21.53 16.67 70.89
高齢者に多い大腿骨頚部骨折の手術目的や、胸・腰椎圧迫骨折に対しての安静加療目的入院が多くなっています。整形外科は、外科分野の一つですが、骨折を中心とした外傷の他に、変形性膝関節症や、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの脊椎疾患、人口の高齢化に伴う骨粗鬆症や慢性疼痛の診療も行っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 98 11.48 7.07 1.02 74.72
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 86 3.01 2.49 0 71.03
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 39 2.79 2.64 0 58.41
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病 なし 38 3.18 4.22 0 68.71
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 30 12.63 10.65 0 75.9
泌尿器科では、膀胱がんに対する低侵襲で負担の少ない経尿道的手術が多くなっています。膀胱がんは、手術や化学療法、免疫療法、放射線療法などを組み合わせた集学的治療による膀胱温存治療を積極的に取り組んでいます。また、前立腺がんに対する検査入院も多くなっています。尿路結石に対しては、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術、尿管狭窄を伴う水腎症において、経尿道的尿管ステント留置術等を多く実施しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 141 8.34 6.09 0 45.24
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 139 7.09 4.58 0 61.97
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 109 6.96 4.39 0 62.02
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし 97 3 3.13 0 38.31
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 92 6.36 6.21 0 48.91
当院では、泉州広域母子医療センターの「婦人科腫瘍センター」を併設し、婦人科腫瘍専門医、内視鏡技術認定医が中心となって、泉州地域の婦人科腫瘍拠点病院としての役割を担っています。子宮筋腫や卵巣腫瘍などの良性腫瘍疾患に対して、傷口が小さく、患者さんの負担が少ない腹腔鏡下手術を積極的に行っています。また、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの悪性腫瘍においては、手術、最新の化学療法、放射線治療を3本柱に治療にあたっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 670 3.01 2.78 0 76.06
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 26 7.27 6.71 0 72.08
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 13 7.38 7.29 0 66.38
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 11 3.18 7.53 0 77.64
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 - - 5.09 - -
眼科は、子供の視力障害から高齢の方に多い白内障や緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症など、幅広い診療を行っております。眼科で最も多い入院は、白内障手術目的入院となっています。最新の白内障手術装置、手術用顕微鏡、硝子体手術装置を導入し、手術時間も短く、安全性の高い手術が可能になりました。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 15.9 - -
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.16 - -
010060x0990001 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 6.16 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 45 5.13 3.1 0 73.62
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 27 7.3 8.03 0 51.37
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 25 2.44 6.48 0 53.72
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 12 5 3.27 0 52.92
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 10 12 7.9 0 72.5
形成外科で扱う疾患は、体表面を中心として全身のあらゆる部位を治療対象とすることが特徴です。当科における目の周りの手術で最も多いのが眼瞼下垂症に対する手術です。これは文字の通り「眼瞼(まぶた)」が「下垂(垂れ下がる)」している状態で、視野が狭くなるだけでなく、肩こりや頭痛の原因となることがあります。次に多いのは、乳房再建手術となっています。乳房再建の分野では、乳房再建の内容やタイミングを考えた上で、どのように「乳がん手術」を行うのか、乳がん手術の段階から、乳腺外科との密な連携をはかりながら、一次再建・二次再建のどちらにも対応しています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 361 2.45 2.63 0.28 68.35
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 176 2.35 3.02 0 67.65
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 51 6.02 14.62 1.96 59.41
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 6.17 9.27 0 72.54
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 45 12.82 9.79 2.22 72.6
消化器内科では、大腸ポリープに対して内視鏡的治療や、炎症性疾患に対しての検査入院、また、閉塞性黄疸に対するドレナージ治療も積極的に行っています。当院では、「消化器・肝臓センター」を併設しており「大阪府肝炎専門医療機関」に指定され、肝臓の専門的治療を受けられる病院となっています。ウイルス性肝炎・脂肪肝炎をはじめとした慢性肝疾患は、放置しておくと肝硬変、肝細胞がんを引き起こす可能性があります。これを少しでも防ぐため、患者さんの年齢、病状、肝機能に応じた適切な治療法を選択し、肝細胞がんの発生を予防する治療にあたっています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 102 15.31 10.34 0 59.97
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 80 4.9 4.25 0 55.85
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 75 10.23 6.1 0 61.92
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 8あり 29 6.38 4.87 0 61.48
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 22 5.55 3.94 0 45.5
当院では、「乳がん高度検診・治療センター」を併設しており、大阪府南部の乳がん治療拠点病院として多くの手術件数を取り扱っています。乳がんの検診から診断、治療、緩和ケアに至るまで、一貫した質の高い医療の提供ができるように、診療科や職種を越えて、高い専門性を持つスタッフと連携し、チーム医療体制を整えています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 25 - 13 34 31 48 1 8,7
大腸癌 18 14 25 35 - 54 1 8
乳癌 107 131 53 10 16 61 1 8
肺癌 - - 1 8
肝癌 12 12 - 18 25 77 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者数としては、乳がんが最も多くなっています。次に胃がん、大腸がん、肝がんとなっています。当院は、大阪府がん診療拠点病院に指定されており、がん検診・治療・緩和ケアまで、「がんのトータルケア」を推進しています。また、入退院支援センターでは、患者さんが切れ目のない医療・介護ケアを受けていただけるよう、入院前から退院後を見据えた支援として、入院生活や退院後の暮らしへの疑問や不安におこたえするだけでなく、予測される問題にも早期に対応できるよう、様々な相談窓口や多職種が協力してサポートしています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 11.3 55.4
中等症 38 15.79 83
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
成人市中肺炎とは、普段の生活の中で発症した肺炎です。軽症の患者さんの平均年齢が55.4歳に対し、中等症の平均年齢は83歳と高齢になっています。重症度が高くなると、平均在院日数も長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 10 1.1 2.2 0 74.5
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 等 - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの - - - - -
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 - - - - -
虚血性心疾患に対して、冠動脈の狭窄や閉塞部分にバルーン(風船)やステント(網目状の金属製の筒)を用いて病変部分を拡張する治療を行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 87 1.74 5.7 2.3 64.67
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 58 1.26 3.79 1.72 71.47
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 39 2.82 13.59 5.13 69.51
K695-21 腹腔鏡下肝切除術(部分切除) 等 15 1.73 11.67 0 69.47
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 14 0.93 11.5 0 66.79
腹腔鏡下による胆嚢摘出術や、鼠径ヘルニア手術を多く行っています。また、大腸がんなど悪性腫瘍に対しても腹腔鏡下手術を積極的に行っています。体への負担が少ない腹腔鏡下手術ですが、胆石症などの良性疾患では、傷が1か所でより目立たない「単孔式腹腔鏡下手術」も導入しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 等 45 1.93 23.51 28.89 72.29
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 35 1.51 24.69 65.71 76
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 等 22 1 9.91 13.64 63.18
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓切除 20 1.8 19.8 15 75.8
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定 11 6.45 31.64 45.45 73.73
膝関節症などに対する人工関節置換術が最も多くなっており、次に大腿骨頚部骨折手術が多くなっています。手術後は、リハビリテーション科と協力しながら、早期の復帰に向けて患者さんお一人おひとりに合わせたリハビリテーションを実施しています。また、令和2年10月より、「地域包括ケア病棟」を開設します。この病棟は、急性期治療が一段落し病状が安定した患者さんに対し、治療の継続や、リハビリテーションを行い、在宅や介護施設への復帰に向けて準備を整える、在宅復帰をサポートする病棟となっています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 107 2.07 8.86 0.93 74.24
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 61 1.05 3.7 3.28 69.52
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 等 42 0.48 1.24 0 56.93
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 31 2.16 4.16 0 60.19
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 22 1.82 8.05 0 73.27
膀胱がんに対する低侵襲で負担の少ない経尿道的手術が最も多く、次に水腎症等に対しての経尿道的尿管ステント留置術等や、尿路結石症による体外衝撃波腎・尿管結石破砕術を多く実施しています。泌尿器科は、取り扱う臓器が多いため、一部の疾病のみを対象とした施設もある中、当院では、泌尿器がん診療から、女性泌尿器疾患、小児泌尿器疾患まで、泌尿器全領域の診療を行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 157 1.02 7.11 0 46.91
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 等 105 1 4.32 0 47.57
K867 子宮頸部(腟部)切除術 89 1 1.01 0 39.82
K861 子宮内膜掻爬術 71 0.06 1.07 0 50.54
K879 子宮悪性腫瘍手術 46 2.83 13.8 0 61.24
子宮筋腫や卵巣腫瘍などの良性疾患に対して、腹腔鏡下手術が多くなっています。腹腔鏡下手術は、傷が小さく、回復も早いので希望される患者さんも増えてきました。良性疾患では広く実施されている腹腔鏡下手術ですが、当院は、子宮頸がん、子宮体がんに対しても腹腔鏡下手術の施設認定を取得しており、適応があれば積極的に行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 731 0.51 1.49 0 75.91
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 等 36 1 5.14 0 71.92
K281 増殖性硝子体網膜症手術 13 1 5.69 0 67.54
K2682 緑内障手術 流出路再建術 等 10 0 2 0 77.9
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 等 - - - - -
高齢者に多い白内障に対する水晶体再建術が最も多くなっています。白内障入院は、2泊3日となっています。仕事やご家庭などで忙しく入院が難しい方には、外来での日帰り手術も実施しています。また、加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症等に対し専門性の高い硝子体手術も積極的に実施しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 30 1 5.17 0 51.8
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 25 0.28 3.6 0 73.6
K476-2 再建乳房乳頭形成術 24 0.04 1.25 0 54.13
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの 等 23 0.04 4.17 0 72.61
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 肩、上腕、前腕、大腿、下腿、躯幹 等 12 0.92 3.75 0 55.83
乳房再建に対する手術や、眼瞼下垂の手術が多くなっています。乳房再建術では、方法やタイミングなどの選択肢があり、当院では1次・2次再建、自家組織・人工乳房再建、全ての再建手術が可能な施設認定を受けています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 等 407 0.39 1.22 0.49 68.62
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 46 0.98 15.87 6.52 74.67
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 24 1.33 2.83 0 60.96
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 22 1.23 9.86 0 72.73
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 21 0.86 9.86 0 66.62
身体への負担が少なく低侵襲な内視鏡を用いた内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術が増加しています。内視鏡的胆道ステント留置術は、主に胆管炎や胆のうがんに対して行う手術となっています。また、肝硬変やがんなどによって貯まった腹水を濾過濃縮して、アルブミンなどの有用なタンパク成分を回収し、点滴で体へ戻す治療法である、胸水・腹水濾過濃縮再静注法が多くなっています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 82 2.16 6.8 0 61.05
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 56 2.21 11.13 0 60.66
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 40 2.18 12.95 0 61.95
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 等 15 1.13 7.2 0 61.8
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル未満 等 13 1.31 1.92 0 42.77
乳がんに対する乳腺悪性腫瘍手術が大半を占めています。乳がん治療は、患者さんの背景を考慮した手術・化学療法・放射線治療の組み合わせの個別化、「オーダーメイド治療」が進んでいます。そのため、高い専門性を持つスタッフと連携し、適正な治療方針を決定しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 14 0.2
異なる - -
手術・処置等の合併症は、主に人工股関節術後の脱臼や、関節のゆるみに対して処置目的で入院された症例となっています。当院の発生率は1%未満となっています。
更新履歴