• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

平成27年度 市立貝塚病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 607 97 129 293 782 702 1208 1483 754 65
<解説>  幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいておりますが、70歳台の患者さんが最も多く全体の約25%となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 71 16.51 15.35 0 62.06
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 50 12.9 14.34 8 67.32
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 21.81 21.69 52.38 82.14
 <解説>内科疾患全般を取り扱っていますが、特に2型糖尿病に対しての血糖コントロール、教育入院が多くなっています。誤嚥性肺炎入院の平均年齢は、82.1歳と高齢になっており、治療後も自宅療養が難しいため、転院や施設入所される患者さんが多く、転院率が52.4%と半数を上回っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 163 5.53 5.72 1.84 1.82
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 86 6.63 6.31 5.81 2.93
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 73 5.62 5.54 2.74 1.95
<解説>小児科では、15歳未満の患者さんを診療しています。小児に多い肺炎、急性気管支炎、喘息、ウイルス疾患等、急性期疾患の入院を多く受け入れています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 69 7.99 6.96 0 59.97
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 44 19.23 17.41 4.55 70.3
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 32 3.75 4.51 0 64.63
<解説>当院では、傷口が小さく患者さまの負担が少ない腹腔鏡下手術を積極的に実施しています。外科では、胆嚢結石に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術を多く行っています。また、大腸がんの手術や、化学療法(抗がん剤治療)も積極的に行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 42 29.67 27.21 19.05 77.12
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 36 22.92 21.52 22.22 77.89
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 33 29.64 28.7 60.61 82.64
<解説>膝関節症に対する人工関節置換術等の実施症例が最も多く、次に胸・腰椎圧迫骨折に対しての安静加療目的、大腿骨頚部骨折に対し人工骨頭挿入術等の実施が多くなっています。いずれも平均年齢が70歳以上と高齢者が多く、大腿骨頚部骨折は、術後のリハビリテーションが重要であり、リハビリテーションを担う医療機関、維持期の管理を担う介護施設、療養型病院への転院が多く、転院率は60.6%と高くなっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 87 11.97 7.59 1.15 74.72
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 52 5.15 2.89 0 60.65
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 51 4.06 5.49 0 61.47
<解説>泌尿器科では、大阪府がん診療拠点病院として前立腺がん、腎がん、膀胱がんの手術を多数行っておりますが、最も多い症例は、膀胱がんに対する低侵襲で負担の少ない経尿道的手術目的入院です。悪性腫瘍手術以外にも尿路結石に対する手術も多く行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 129 13.8 10.18 0 45.29
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 123 9.02 6.5 0 45.34
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 119 9.06 5.33 0 56.17
<解説>最も多い症例は子宮筋腫の手術を行った入院です。また、卵巣の良性疾患に対しての手術目的入院も多くなっています。子宮全摘術については、当院では、疾患の状態や妊娠歴などにより、腹腔鏡下手術、膣式手術、開腹手術、いずれも豊富な経験の下、最善の方法を選択します。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 - - 9.57 - -
020130xxxxxxxx 原田病 - - 16.78 - -
- - - - - - -
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) - - 5.51 - -
010070xx99000x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 8.5 - -
040130xx97x1xx 呼吸不全(その他) 手術あり 手術・処置等2 あり - - 50.48 - -
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 33 5.33 3.54 0 73.15
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 15 5.67 6.14 0 58.13
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 6.6 - -
<解説>眼瞼下垂に対する手術や、骨軟部の良性腫瘍などの摘出目的の入院が多くなっています。そして現在では、乳腺外科と連携し、乳がんの患者さんに対して乳房再建を積極的に行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 7.46 10.55 0 72.2
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 40 13.4 11.98 2.5 73.75
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 13.2 10.93 0 73.77
<解説>専門医療センターとして、消化器・肝臓センターを開設しております。当センターでは、肝細胞がんに対して病態に合わせた検査や、腹部血管内治療を積極的に行っています。また、閉塞性黄疸等に対するドレナージ治療も積極的に行っています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 112 3.94 4.66 0 52.79
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 74 10.11 6.79 0 56.96
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 57 15.63 11.63 0 56.79
<解説>当院では、乳がん高度検診・治療センターを開設しており、大阪府南部で屈指の乳がんの手術件数を取り扱っています。手術件数に伴い、術前、術後の化学療法(抗がん剤治療)入院が最も多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 42 12 34 23 - 15 1 7
大腸癌 21 17 39 35 14 38 1 7
乳癌 123 99 62 10 15 62 1 7
肺癌 - 15 13 - - 1 7
肝癌 - 11 - - 51 50 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
<解説>患者数としては、乳がんが最も多くなっています。次に大腸がん、肝がんとなっており、乳がんは早期がんの症例が多いことが分かります。当院は、大阪府がん診療拠点病院に指定されており、「がんのトータルケア」を推進しています。H27年の緩和ケア病棟の開設により、健診センターでのがんの早期発見、高度先進医療機器を駆使したがん医療、そして緩和医療と、「がんのトータルケア」が可能となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 11 10.91 45.45
重症度 1 11 12 73
重症度 2 - - -
重症度 3 - - -
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの - - - - -
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K0901 ひょう疽手術(軟部組織) - - - - -
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 100 1.43 6.29 2 61.81
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 58 1.16 3.16 1.72 65.67
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 34 3.15 15.68 0 70.47
<解説>腹腔鏡下による胆嚢摘出術や、鼠径ヘルニア手術を多く行っています。また、結腸がんなど悪性腫瘍に対しても腹腔鏡下手術を積極的に実施しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 等 56 2.13 27.84 19.64 75.27
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等 24 4.33 23.79 41.67 75.21
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 等 14 2.43 20.93 14.29 67.86
<解説>膝関節症などに対する人工関節置換術が最も多くなっており、次に平均年齢から見て高齢者の大腿骨頚部骨折手術が多いことが分かります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 等 87 2.06 9.09 1.15 74.56
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 72 0.68 3.39 1.39 62.04
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 等 43 0.77 2.95 0 60.53
<解説>膀胱がんに対する低侵襲で負担の少ない経尿道的手術が最も多くなっています。また、尿管狭窄を伴う水腎症においても経尿道的尿管ステント留置術を多く実施しています。大阪府がん診療拠点病院としては、前立腺がん、腎がんの手術を精力的に実施しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 等 136 1.04 6.99 0 44.35
K877 子宮全摘術 126 2.79 10.2 0 48.11
K861 子宮内膜掻爬術 119 0.98 0.31 0 51.06
<解説>傷口が小さく、患者さんの負担が少ない腹腔鏡による子宮附属器腫瘍摘出術を最も多く実施しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 398 0 1.99 0 75.54
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの - - - - -
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - -
<解説>高齢者に多い白内障手術を積極的に実施しています。入院日数は、2泊3日となっています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 22 1 4.09 0 54.18
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの 等 18 0.28 4.44 0 78.56
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 17 0.29 3.94 0 69.59
<解説>乳がんの患者さんに対して乳房再建を積極的に行っています。次に眼瞼下垂手術を多く実施しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 248 0.31 1.09 0.81 67.28
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 42 1.43 22.62 2.38 75.86
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 40 1.2 10.98 2.5 73.83
<解説>内視鏡を用いて結腸のポリープを切除する内視鏡手術が大半を占めています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 75 2.12 7.08 0 56.79
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 等 44 2.2 13.48 0 58.11
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 40 2.25 11.93 0 61.18
解説>乳がんに対する乳腺悪性腫瘍手術が大半を占めています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 11 0.18
異なる - -
<解説>手術・処置等の合併症は、食道がんの術後、吻合部狭窄に対し処置目的で入院された症例となっています。
更新履歴