• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

高精度放射線治療装置リニアック

高精度放射線治療装置リニアック

高精度放射線治療装置リニアック

放射線治療には、切らずにがんを治療するため痛みがない、抗がん剤のような全身への副作用が出にくいなどのメリットがあります。一方、課題となるのは、放射線による正常な細胞への損傷をいかに抑えるかです。
当院の導入した「高精度放射線治療装置リニアック」は、最新の高度な技術を駆使し、より効果的で副作用の少ない、より安全な治療を可能にしています。

高精度放射線治療装置による治療計画画像

高精度放射線治療装置の機能

定位放射線照射(SRS・SRT)

=正常細胞への照射量を減らし、がん細胞に多量に照射する技術です=

多方向からの放射線照射で、ピンポイントでがん細胞に放射線を集中させる方法です。照射器や寝台を動かすことで、多方向からの照射を行います。CTなどを利用した3次元画像情報が使われており、高度なシミュレーションシステムが複雑な照射を可能にしています。
ピンポイントで集中させるためには、照射する位置にズレがあってはなりません。そこで、型や固定具などを用いて体を固定して行います。

定位放射線照射(SRS・SRT)

原体照射(3D-CRT)

=がん細胞の形に合わせて、照射するビームの形を変える技術です=

CTなどで得られた3次元の画像情報を利用し、がん細胞の形に合わせて照射する放射線ビームの形を作ります。

【多分割絞り装置:多分割コリメータ(MLC:マルチリーフコリメータ)】

MLC

コリメータは、放射線ビームの形を作る装置です。
マルチリーフコリメータは、スリットを自在に動かすことで、がんの形に合わせた照射を可能にします。
導入している高精度放射線治療装置のスリットの厚みは5mmと細く、より精密な形状が作れるようになりました。誤差±0.2mm以下の高精度できめ細かな照射ができるだけでなく、40cm×40cmの広い照射野を持っています。

強度変調照射治療(IMRT)

=照射中にビームの形を変え、がん細胞にさらに集中照射する技術です=

IMRT(Intensity Modulated Radio Therapy)は、照射するX線の強さを精密に調節する技術です。強さの調整は、マルチリーフコリメータを照射中に動かし、照射の形を変えることで行っています。
従来よりも更に正常細胞への放射線量を減らし、がん細胞に高い放射線量を当てることのできる最新の技術で、腫瘍制御率の向上や合併症の軽減が期待されています。

画像誘導放射線治療(IGRT)

=治療計画時と治療時の照射位置のズレを修正する技術です =

放射線治療において重要なのは、正しい位置に照射することです。数回に分けて治療が行われる場合には、治療計画時の画像とズレがないように、毎回照射位置を調整しなければなりません。その調整にはミリ単位の精密さが要求されます。
画像誘導放射線治療(IGRT;image-guided radiotherapy)は、高精度放射線治療装置に搭載した撮影装置による治療直前の画像情報をもとに、位置誤差を補正しながら正確に治療を行う技術です。

  • 治療寝台上(患者さんが治療を受ける状態)で治療位置の調整を行います。
  • 直交した2方向からX線撮影することで、3次元的な位置合わせを行います。
  • 回転撮影することでCT画像の撮影も可能です。X線では見えにくい組織もより正確な位置合わせができます。
  • 画像をコンピュータで解析してズレが確認された場合、治療寝台位置を修正して、適切な位置で放射線照射を行います。
  • 日々の放射線治療をどの位置で行ったかを記録として残すこともできます。

画像誘導放射線治療(IGRT)

このページのトップへ