背景色

戻る

初期臨床研修医の募集要項(STARS)

プログラムの特色

初期臨床研修プログラム「STARS」は、泉州地域における2大中核病院である「市立貝塚病院」と「りんくう総合医療センター」の共同研修プログラムです。
すでに産科、婦人科は、泉州広域母子医療センターとして両病院が共同運用していますが、市立貝塚病院の強みである消化器内科とりんくう総合医療センターの強みである循環器内科を相互にローテートして研修できることになりました。また、りんくう総合医療センターと統合された大阪府泉州救命救急センターでの三次救急や同センター救急医の指導によるER研修も共通して行えます。
当院病院群での研修により実際の地域医療における病診連携のあり方についても学ぶことができます。

初期研修病院群の構成

  • 市立貝塚病院(基幹型臨床研修病院)
  • 医療法人河崎会 水間病院(協力型臨床研修病院:精神科)
  • 地方独立行政法人りんくう総合医療センター(協力型臨床研修病院:救急部門及び各診療科)
  • 医療法人尚生会 貝塚西出クリニック(研修協力施設:地域医療)
  • 社会医療法人慈薫会 河崎病院(研修協力施設:地域医療)
  • 医療法人 清名台外科(研修協力施設:地域医療)
  • なかたクリニック(研修協力施設:地域医療)

研修期間

2年間
なお、2期に分け1期ごとにローテーションを行い、研修開始以前にオリエンテーションを兼ねたイントロコースを一定期間設定する。

臨床研修の目標の概要

新臨床研修制度の大きな目標は質の高い初期診療と全人的診療もできる医師を育てる初期教育にあると考えます。 このことを踏まえ、本院における臨床研修は、地域基幹病院としての特性を生かして普遍的な疾患におけるプライマリ・ケアの重視を基本理念としています。病気を診るとともに人を診て患者とのコミュニケーションがうまく取れるようになる研修に力を入れ、さらに2年目の自由選択研修では、両病院の全診療科から選択を可能とし、専門的な診療に携わり将来の専門分野に役立つような研修をしていただきます。

また、本院は中規模病院であることも幸いして、各科、各部門の垣根が低く連携が取りやすいことが特徴の一つです。近年の多様化・高齢化社会における疾病構造の変化に対応し、また複雑・高度化した医療の安全性を守るという観点から、チームワーク医療もしっかりと身につけてもらうことを目指しています。

プログラム責任者及び研修開始時期

責任者:山田 幸則
副責任者:(りんくう総合医療センター)副院長兼血液内科主任部長兼臨床研修センター長 烏野 隆博

研修開始時期:令和4年4月1日

募集情報

初期研修募集要項及びプログラム内容については、当院ホームページをご覧ください。

届出様式

問い合わせ

〒597-0015
大阪府貝塚市堀3丁目10番20号
市立貝塚病院 総務課 担当:福田(ふくだ)
TEL:072-438-5500
FAX:072-439-6061
Email:y.fukuda@hosp.kaizuka.osaka.jp