• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

病院代表挨拶 

市立貝塚病院総長

市立貝塚病院総長 片山和宏

 このたび、令和2年4月1日付けで市立貝塚病院の病院事業管理者を拝命いたしました片山和宏でございます。どうぞよろしくお願い致します。
 本院は昭和14年9月に開院し、昨年(令和元年)には創立80周年を迎えることが出来ました。これもひとえに多くの皆さまのご支援、ご協力の賜物と感謝致します。今後も今本院長と力をあわせ、当院を地域医療の柱として盛り立てて参ります。
 当院は「地域住民を守る良質な医療の提供」という理念のもと、高度な専門医療の提供はもとより、市民病院として地域との密接な連携を推進して参りました。また、これまでも医療の進歩や疾患構造の変化などに対応して参りました。しかしながら、社会情勢の面では超高齢化社会が近づきつつありますし、また医療現場ではゲノム医療が登場するなど、医療環境の今後はこれまで以上に大きな変化が予想されています。このような変化に対応しながら、患者さんやご家族に安心して頂ける医療の提供ができる病院、健康に関するいろんな問題で市民の皆様に頼りにして頂ける病院として機能できますよう、職員一同、工夫をしながら頑張って参りたいと存じます。このためには、地域の医療機関や行政との密な連携は欠かせないものでありますし、また職員が誇りをもって働ける環境も大切であります。皆さまのご意見やお知恵を拝借しながら、よりよい病院を目指して参ります。
 今後も引き続き市立貝塚病院をご支援賜りますよう、お願い申し上げます。

市立貝塚病院長

市立貝塚病院長 今本 治彦

  このたび、平成30年4月1日付で市立貝塚病院の第15代病院長を拝命しました。重責を担い、身の引き締まる思いです。皆様、どうぞよろしくお願いします。

 当院は、昭和14年9月に町立貝塚病院として開設されました。本年で創立79年を迎え、長きにわたり市民の病院として、その役目を果たしてまいりました。
 さて昨年は、2月に日本医療機能評価機構による4回目の病院機能評価を受審し、更新が認定されました。専門センターの開設や「高度・先進医療」「がん医療」「地域医療」を三本柱に地域の中核病院として、医療の質の向上・改善に取り組む姿勢が評価されております。
 また、当院が、貝塚市及び周辺地域において必要な医療を、今後も安定的に提供していくため、昨年3月に「市立貝塚病院 第二次改革プラン」を策定いたしました。このプランに沿って、経営の効率化や業務改善により、地域医療構想を踏まえた当院の役割である急性期医療、がん医療を推進したいと考えています。
 一方、本年4月より入退院支援センターを設立しました。外来から入・退院にかかわる医療と介護の連携に向けた準備を進め、入院前面談により患者さんの状況を把握することで、安心して入院生活や退院後の生活を過ごせるよう支援する体制を整えつつあります。
 日本は超高齢社会を迎えています。高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けるには、地域で急性期から回復期、慢性期そして在宅までの医療を切れ目なく、安心して受けられることが必要です。今後は地域医療を担う病院として、地域の先生方と協力してその役割を果たしていきたいと考えています。また、より身体に優しい低侵襲手術や治療を安全に提供したいと考えています。
 当院は一貫して「地域住民を守る良質な医療の提供」を理念に掲げてまいりました。その姿勢は今後も変わることなく、地域の方に寄り添い、皆様が健やかで心穏やかに過ごされることのお手伝いを職員一同させていただきたいと思います。
 今後とも「地域の皆様に愛され支援される病院」さらに「職員一同、誇りを持って働きがいのある病院」をめざしてがんばってまいります。引き続き地域の皆様のご協力ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

このページのトップへ