• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

感染対策室

感染対策室について

当院の理念「地域住民を守る良質な医療の提供」に基づき、病院にこられる全ての人や医療従事者を医療関連感染から守るための感染管理が重要です。
感染対策室は、医療の高度化や薬剤耐性菌の増加に伴い、高まる医療関連感染のリスクに対応するため、平成25年4月に設置されました。現在は専任の医師、専従の看護師をはじめ、多職種で感染対策チーム(ICT:infection control team)を編成し、組織横断的に感染防止対策を実践及び推進しています。

主な業務内容

感染対策室はICTと協働して、下記の業務を行っています。

  1. 細菌検査室及び外来、病棟より報告される院内感染情報の把握と分析
  2. 院内における感染症発生時の対応・相談・調査
  3. 院内感染防止マニュアルの作成・改訂・教育
  4. 薬剤耐性菌及び医療器具関連感染、手術部位感染に関する
    サーベイランスの実施
  5. 週1回院内ラウンドを実施し、各部署の感染対策の確認
  6. 職員に年2回以上、感染に関する研修会の企画・開催
  7. 抗MRSA薬、広域スペクトル薬剤等の使用状況の確認
  8. 院内・院外からの感染に関するコンサルテーションの対応
  9. 職業感染の予防(インフルエンザワクチン、流行性ウイルス疾患のワクチン接種推奨、針刺し・血液暴露対策、安全器材の選定及び導入)
  10. 国及び市町村から通達される、感染に関する法令についての管理・検討・広報

院内感染対策に係る体制

下記の組織が連携して、医療関連感染の減少に取り組んでいます

感染管理認定看護師より

感染管理認定看護師は、感染のリスクを最小限にして、患者様やご家族、来訪者、職員等、病院に関わる全ての人を医療関連感染から守るために、効果的な感染対策を推進する役割があります。

現在、感染対策室で専従看護師として、「院内感染情報の収集」「院内ラウンド」「医療関連感染サーベイランス」「マニュアルの作成・改訂」「コンサルテーション」「職業感染防止活動」を行っています。また、院外活動として、泉州感染防止ネットワークに参加し、地域の感染対策の向上を目指して活動しています。

今後、職員一人一人が確実に感染対策を実践できるように、リソースナースとしての役割を遂行し、患者様に安全な療養環境を提供していきます。

市立貝塚病院感染対策指針(PDF)

医療関連感染に関する取り組み事項(PDF)

スタッフ紹介

森口 直彦 (感染対策室長)

資格
 日本小児科学会専門医
 感染症専門医
 インフェクションコントロールドクター(ICD)

水本 雄二 (感染対策室長)

資格
 感染管理認定看護師(ICN)
 介護支援専門員

このページのトップへ