背景色

戻る

感染対策室

医療関連感染から患者さまおよび家族、医療従事者を守ることを目標としています。
感染対策室は、医療の高度化や薬剤耐性菌の増加、新興感染症の流行に伴い、高まる医療関連感染のリスクに対応するために、医師、看護師、薬剤師、検査技師で感染対策チーム(ICT:infection control team)を編成し、組織横断的に感染防止対策を推進しています。

主な業務内容

  1. 院内感染防止対策委員会及び緊急対策会議の設置と開催
  2. 細菌検査室から報告される院内感染情報の把握と分析
  3. サーベイランス
  4. 院内感染防止マニュアルの整備及び修正・変更
  5. ICTによる院内巡視と監査
  6. 感染リンクナース会との連携
  7. 職員研修会の企画・開催
  8. 抗菌薬適正使用の推進
  9. 地域連携による感染カンファレンスの開催
感染対策室の活動の画像

医師・スタッフ紹介

もりぐち なおひこ

森口 直彦

診療局長、小児科主任部長、医療の質管理部感染対策室長

専門分野:

小児科一般、血液、感染

資格:

・日本小児科学会専門医
・感染症専門医 / 指導医
・インフェクションコントロールドクター(ICD)
・血液専門医
・難病指定医
・小児慢性特定疾病指定医

みずもと ゆうじ

水本 雄二

感染対策室長

資格:

感染管理認定看護師(ICN)
介護支援専門員