背景色

戻る

乳腺外科

ページ内のコンテンツ一覧

乳腺外科について

当院は、大阪府南部の乳がん診療の拠点として2004年に「乳がん高度検診・治療センター」を設立し、検診から診断、手術、薬物療法、放射線療法、緩和ケアに至るまで、当院で一貫した質の高い医療の提供ができるような体制を整えています。

乳腺外科には、2022年4月現在5名(1名休診中)の乳腺専門医(うち女性医師3名)が在籍しており、特に乳がんの手術は、大阪府下でも屈指の手術件数(年間200件前後)を手掛けており、形成外科医師の協力を得て乳房再建術も積極的に行っております。乳腺良性腫瘍や乳腺炎などの乳腺疾患全般の診療にも幅広く対応し、地域の皆様に受診いただきやすい診療体制にしておりますので、乳房に異常を感じた場合や検診で精査を指示された場合などは是非ご相談下さい。

▼高い専門性を生かし、皆様からの相談窓口の一つとしてセカンドオピニオン外来を開設しております。
▼最先端技術であるデジタルブレストトモシンセシスを用いた腹臥位式マンモトーム生検検査を導入しました。外部医療機関や患者さまからのマンモトーム検査のご依頼を幅広く受け入れております。こちらをご覧ください。
▼乳がん看護認定看護師やがん化学療法専門看護師、リンパ浮腫認定看護師、など専門性の高いメンバーがチーム一丸となって診療を行っております。詳細につきましては、 「乳がん高度検診・治療センター」の項目をご覧ください。

対応している疾患など

  • 乳がん
    当院では高い専門性を生かし乳がんの治療を積極的に行っています。

手術について

当院の年間手術件数は全体で約250件程度で、特に乳がんの手術は大阪府下で(近畿圏でも)屈指の手術件数(年間200件前後)です。乳房再建術も形成外科医師と連携して積極的に行っています。インプラント再建術や広背筋再建術など、乳房再建術件数は年々増加しており、特に乳がん手術時に同時に乳房再建を行う「一次乳房再建」は南大阪地区でも屈指の実績です。患者さまにとってよりよい選択肢をお示しできるよう、今後も協力して診療を行って参ります。

薬物治療について

乳がんの薬物治療については、がん治療認定薬剤師や乳がん看護認定看護師、がん化学療法専門看護師をはじめとする、乳がん診療に精通したメディカルスタッフと共にチーム医療体制を整え患者さまに対応しています。多様化する合併症に備えて、他科や近隣病院にもご協力いただける連携体制を整えており安全安心な医療を提供できるように対策を行っております。

※乳がん以外の疾患についても対応しております。是非ご相談ください。

実績

乳がん手術件数の推移

項目 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
乳がん手術件数の推移 196 199 203 196 198

医師・スタッフ紹介

いなじ ひでお

稲治 英生

名誉院長

専門分野:

乳腺疾患

資格:

・日本乳癌学会認定医 / 専門医 / 指導医
・日本外科学会専門医 / 指導医
・外国人医師臨床修練指導医
・日本内分泌外科学会名誉専門医
・乳房再建用エキスパンダー / インプラント責任医師

たまき やすひろ

玉木 康博

顧問

専門分野:

乳腺疾患、遺伝性腫瘍

資格:

・日本乳癌学会認定医 / 専門医 / 指導医
・日本外科学会専門医 / 指導医
・日本がん治療認定医
・日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
・日本遺伝性腫瘍学会遺伝性腫瘍専門医 / 指導医

おおしろ ちや

大城 智弥

乳腺外科部長、乳がん高度検診・治療センター長

専門分野:

乳腺疾患

資格:

・日本乳癌学会認定医 / 専門医 / 指導医
・日本外科学会専門医
・マンモグラフィ読影認定医
・臨床研修指導医

たかはし ひろよ

高橋 裕代 

乳腺外科副部長

専門分野:

乳腺疾患

資格:

・日本乳癌学会認定医 / 専門医 
・日本外科学会専門医
・マンモグラフィ読影認定医

いずい あやか

泉井 綾香 

乳腺外科副部長

専門分野:

乳腺疾患

資格:

・日本乳癌学会認定医 / 専門医 
・日本外科学会専門医
・日本がん治療認定医
・マンモグラフィ読影認定医

外来担当表

休診情報はありません。

午前

1診 高橋 裕代 泉井 綾香
2診 稲治 英生 稲治 英生 予約制
玉木 康博
玉木 康博 高橋 裕代
3診 泉井 綾香 交代制 予約制
大城 智弥
大城 智弥 大城 智弥
検診

乳がん検診

(予約のみ)

乳がん検診

(予約のみ)

午後

1診
2診 予約制
稲治 英生

予約制
玉木 康博

(遺伝外来)

予約制
玉木 康博
3診 予約制
大城 智弥
予約制
大城 智弥

医師の交替や変更、また休診の場合もございますのでご注意願います。