• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

緩和ケア病棟

ごあいさつ

 市立貝塚病院緩和ケア病棟ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。
 当院緩和ケア病棟は、平成27年5月に一般病棟を改修し、5階北病棟に病床数19床で開設しました。大阪府内貝塚市以南では初めての緩和ケア病棟となります。
 緩和ケア病棟では、患者さん一人ひとりの思いや苦痛を受け止め、患者さんが「その人らしく」穏やかな毎日をすごしていただけるように、身体(からだ)や心のつらさを和らげることを目指しています。
 このページでは当病棟での診療・ケアについての内容などを紹介させていただいておりますのでご参考にしていただけますと幸いでございます。

▽次の中から確認したい内容を選択してください。

>>緩和ケア病棟概要
>>入棟の流れ
>>緩和ケア外来(緩和ケア病棟入棟面談)
>>Q&A(よくあるご質問と回答)
>>医師・スタッフ紹介

 

■緩和ケア外来(緩和ケア病棟入棟面談)書類ダウンロード

▽以下より入棟審査手続きの際に必要なファイルをダウンロードできます。

緩和ケア病棟概要

■緩和ケア病棟とは

 緩和ケアはがんなどの病気から生じる患者さんの痛みを初めとする身体的な苦痛やきもちのつらさ、精神的な不安をできる限り和らげる医療です。平成27年5月に開設した緩和ケア病棟では、次の病棟理念、基本方針を大切にしながら、あたたかく心のこもったケアを提供します。

■緩和ケア病棟理念

 緩和ケア病棟では、患者さん一人ひとりの思いや苦痛を受け止め、患者さんが「その人らしく」穏やかな毎日をすごしていただけるように、身体(からだ)や心のつらさを和らげることを目指しています。

■基本方針

  1. がんに伴う身体的症状や精神的症状の緩和に努めることをもっとも優先します。
  2. 患者さんの価値観・考え方を尊重し、限りある時間をより有意義にすごしてもらうため、生活の質(QOL:Quality of Life)の維持・向上を目指して、チームで支援を行います。
  3. がんそのものに対する治療は行いません。また死を早めたり、引き延ばしたりはしません。
  4. ご家族や周りの人たちの思いやつらい気持ちにも配慮して、患者さんとよりよい時間を過ごせるように支えていきます。
  5. ご自宅等、患者さんが希望するところで療養が続けられるよう、多職種のスタッフと連携を図ります。

■パンフレット

▽以下よりパンフレットをダウンロードできます。

■緩和ケア病棟では、以下の基準で入院患者さんの受け入れを行っています。

緩和ケア病棟へ入院される患者さん

  1. 治癒を目的とする治療を行うことは困難と医師が判断した悪性腫瘍による身体的・精神的な苦痛を持ち、緩和ケアが必要と診断された患者さん。(※後天性免疫不全症候群の方は、診療体制上お受けできません。)

  2. 化学療法や放射線治療など、病気そのものに対する積極的な治療を行っていない、また、予定していない患者さん。ただし、積極的な治療の過程で痛みなど、緩和を必要とする強い症状があり、緩和ケア病棟への短期入院が望ましいと判断された患者さんは対象となります。

  3. そのほか、原則として、次の要件を満たしている方。
  4. ○患者さん本人が、病名・病状を理解しており、緩和ケアについての意見や希望を伝達できること。

    ○患者さんとご家族が、以下の内容をご理解のうえで、入棟を希望されていること。

    1. 病状の進行による身体的・精神的苦痛に対して症状緩和を目的とした医療が行われること。
    2. 緩和ケア病棟入院中は抗がん剤を用いた治療を行わないこと。
    3. 苦痛症状が緩和された時は退院していただくことがあること。
    4. 延命処置は希望しないこと。(昇圧剤・心マッサージ・人工呼吸器装着など)
  5. がん(悪性腫瘍)末期の患者様で、市立貝塚病院緩和ケア病棟に入院(入棟)経験があり、在宅療養中にご家族に疲れが生じ休息が必要な状態であると認められ、当院緩和ケア病棟入棟基準(上記1〜3)を満たす方。

【※以下の患者さんの入院(入棟)はお受けしていません】

  1. 緩和の対象となる症状が特になく、介護が入院の主な目的となる患者さん。
  2. 徘徊、大声をあげる、暴力行為を行うといった、他の患者さんの入院生活に影響を与えると判断される患者さん。
  3. 抗がん剤を用いた治療の終了から間もなく、治療の副作用が苦痛の最大の原因と判断される患者さん。(好中球減少性発熱などに対する治療は一般病棟で行います。
  4. 病名告知を受けていない患者さん。
  5. 透析を受けている患者さん。

 

緩和ケア病棟から退院(転棟)される患者さん

 入棟された後に、以下の条件にあてはまる状況がおこった場合は退棟いただくことを原則とし急性期病棟への転室や在宅医療、あるいは転院をすすめます。このとき在宅療養の担当医や転院先の病院に対して緩和ケア病棟入院中の診療情報の提供を行います。

  1. 病状が安定し、主たる症状が緩和された場合。
  2. 患者さんまたはご家族が退棟を希望される場合。
  3. 悪性腫瘍の縮小あるいは治癒を目的とした治療を希望される場合。
  4. 悪性腫瘍以外の病気を有し、その治療を優先する必要がある場合。
  5. 患者さん、ご家族、主治医、看護師、その他必要な職種が同席のもと退院前カンファレンスを実施し退院後の準備がされている場合。

  • 退院が可能な状態と医師が判断した患者さん・ご家族に、退院をご相談させていただくことがあります。

 

■病棟の環境

 緩和ケア病棟は、患者さんとご家族がともにくつろいでお過ごし頂けるよう配慮しています。全室個室であることはもちろん、ご家族との時間を大切に考え、ご家族のための設備も整えました。各室にソファーベッドを設置するほか、ご家族に休んでいただくための給湯室やユニットバスを備えた家族控え室などもあり、ご家族と一緒にご利用いただけるファミリーキッチンも備えています。また面会は24時間可能です。

緩和ケア病棟の設備について

  • 緩和ケア病棟は、全室個室となっています。
  • 有料個室にはソファーベッド、無料個室にはチェアベッドを設置し、夜間も付き添いやすい環境です。(「有料」または「無料」は保険外の室料差額についてであり、健康保険自己負担分は別途必要です。)

※緩和ケア病棟の病室窓は風通し程度の開閉のみとなっております。

<室料差額について>

病床数 19床(全室個室)

種 別 個室料(1日)    設備・備品など

有料個室1等室B

(3室)

[市内料金]

7,000円(税抜)

 床面積約14〜15m²

 液晶テレビ(無料)

 冷蔵庫(無料)

 ソファーベッド

 リモコン式の照光調整付きライト

 ウォシュレットトイレ

 洗面台

[市外料金]※

9,100円(税抜)

有料個室2等室B

(6室)

[市内料金]

3,500円(税抜)

 床面積約11〜12m²

 液晶テレビ(無料)

 冷蔵庫(無料)

 ソファーベッド

 リモコン式の照光調整付きライト

 ウォシュレットトイレ

 洗面台

[市外料金]※

4,550円(税抜)

無料個室

(10室)

室料差額

無 料

 液晶テレビ(有料)

 冷蔵庫(有料)

 チェアベッド

 ウォシュレットトイレ・洗面台は2

 部屋での共有使用となります。

 

※ただし市外料金は、貝塚市・岸和田市・泉佐野市・泉南市・阪南市・熊取町・田尻町・岬町以外の区域に住所を有する方に適用されます。

※無料個室では、テレビ・冷蔵庫使用時はテレビカード(1枚1000円)のご購入が必要となります。

このページのトップへ

入棟までの流れ

このページのトップへ

緩和ケア外来(緩和ケア病棟入棟面談)

 平成27年5月の緩和ケア病棟開設に伴い、「緩和ケア外来」を開設しています。
 緩和ケアは、終末期医療ととらえる方もありますが、がんなどの病気から生じる患者さんの痛みを初めとする身体的な苦痛やきもちのつらさ、精神的な不安をできる限り和らげる医療です。がんと診断された時から、治療に伴う苦痛を和らげ「からだ」や「こころ」のケアが、治療継続に重要な役割を果たします。そのため、がんの診断から治療の時期を問わず、患者さんやご家族が安心して医療を受けていただけるよう支援します。

■緩和ケア外来受診から入院までの流れ

1.医療機関からの予約が必要です。
 主治医又はかかりつけ医師にご相談の上、医療機関から当院地域医療連携室を通じて予約をお取りください。

2.緩和ケア外来(月・水曜日午後1時〜4時 予約制)

 当日は以下をお持ちください。

  1. 主治医からの診療情報提供書(紹介状)、検査データ、画像情報、感染症情報等
  2. 市立貝塚病院緩和ケア病棟入棟審査用紙≪患者さん用≫
  3. 市立貝塚病院緩和ケア病棟入棟審査用紙≪ご家族用≫
  4. 健康保険証等(ご家族のみの場合は、自費にて約8,000円(家族面談料2,820円(税込額)+画像診断料)が必要となります。)
  • 面談時間は約1時間です。最近の病状やご本人の希望をお尋ねしますので、患者さんご本人又は患者さんの状態をよくご存じの方が来院してください。

3.入院の決定
 緩和ケア外来(入棟面談)受診後、入院の可否を検討し、結果を後日連絡いたします。

■緩和ケア外来受診費用について

 患者さんご本人が来院される場合は保険診療となります。ご家族の方が相談のみで来院される場合は、自費にて約8,000円「家族面談料2,820円(税込額)+画像診断料」となります。これは健康保険の対象とならないため自費料金となります。可能な限り患者さんご本人及びご家族の方の来院をお願いいたします。

■緩和ケア外来(緩和ケア病棟入棟面談)診療予定表

 午後のみ (場所は2階 外科・消化器外科外来で行っています。

1診

13時〜16時(予約制)

13時〜16時(予約制)

このページのトップへ

Q&A(よくあるご質問と回答)

Q1.緩和ケア病棟は、一般病棟とどこが違うのですか?

A1.緩和ケア病棟はすべて個室です。明るく家庭的な雰囲気をもつ環境づくりを心掛けています。体調が悪い患者さんにとって、親しいご家族やご友人の付き添いは、それだけで大きな安心につながります。この病棟では、付き添いの方の利便を考えて、面会時間は制限しておりません。個室ですので泊まって付き添っていただくことも可能です。また、ご家族が安らげる空間として、家族控室や患者さん用のミニキッチン・談話室などを設置しております。


Q2.緩和ケア病棟を見学することはできますか?

A2.入院患者さんの療養環境に配慮し、見学は原則としてお断りしております。入棟前の下見を希望される患者さまやご家族には、ご相談に応じます。(平日9時〜16時の間)


Q3.緩和ケア病棟の対象の方はどういう方ですか?

A3.緩和ケアは、すべてのがん患者さんを対象としますが、緩和ケア病棟に入院中は積極的治療を行いません。体調が回復するなどして、積極的治療を再開することも可能ですが、そのときは、外来や一般病棟へ戻って治療を受けることになります。


Q4.緩和ケア病棟に長期間入棟していることはできますか?

A4.次のいずれかの条件を満たす方は退院のご相談をさせていただくことがあります。

  1. 患者さんやご家族が退棟を希望している
  2. 病状が安定し、主たる症状が緩和された場合
  3. 悪性腫瘍に対する積極的な治療を希望している
  4. 緩和ケア病棟の運営に患者さんやご家族の協力を得られないとき


Q5.短期入院は可能ですか?

A5.積極的治療の途中で生じた症状緩和の治療や症状コントロールのために一時的に入院することは可能です。


Q6.緩和ケア病棟では、どのような治療をしてくれるのですか?

A6.がん治療を目的とした積極的な治療は行いません。しかし、積極的治療の過程で生じた苦痛な症状を緩和する治療は行います。また、がんの進行から生じる患者さんとご家族の身体的・精神的つらさを緩和する治療とケアを行います。


Q7.病名告知をしていませんが、緩和ケア病棟へ入院できますか?

A7.患者さんが病名・病状を理解していることが基本となります。治癒が期待できない病状であることと、緩和ケアについてご理解していただいていることが、緩和ケア病棟での入院生活には重要となります。


Q8.入院後に外泊・外出や退院することはできますか?

A8.可能です。症状が落ちつけば一時退院し、ご自宅での療養ができるよう調整します。


Q9.家族の付き添いが必要ですか?

A9.必ず必要とは限りません。患者さんが不安だったり、心細いときには、ご家族と一緒にいることで心が落ちつきます。緩和ケア病棟では、患者さんとご家族がともに過ごす時間を大切に考えています。

※付き添い時は、主治医の付き添い許可が必要ですので、ナースステーションへお申し出をお願いします。


Q10.入院費用についてはどうなりますか?

A10.緩和ケア病棟も一般病棟と同様に保険診療の対象ですが、医療費の計算方法は異なります。一般病棟では、治療にかかった分の費用が請求されるのに対して、緩和ケア病棟では、治療の内容にかかわらず原則一定の負担となります。ただし、食事療養費、室料差額や当院所定のねまきを使用された場合などの自費料金は別途加算されます。


入院しているお部屋によって、保険診療医療費とは別に個室料金(室料差額)がかかります。〔室料差額は保険対象外となります〕


緩和ケア病棟では、高額療養費制度なども適用となりますが、加入されている保険の種類や年齢・所得などに応じて自己負担額が異なります。詳しくは、当院の医療ソーシャルワーカー、緩和ケア病棟事務担当者または加入されている健康保険へお問い合わせください。

医師・スタッフ紹介

川上 寛明 (内科副部長)

専門分野
 緩和ケア科、内科

資格
 日本内科学会認定内科医

■各診療科主治医
■「緩和ケアに関する研修」受講済医師

  >>受講済医師一覧(PDF)
■新川 さゆり(がん性疼痛看護認定看護師)
■島 美由紀(緩和ケア認定看護師)
■近藤 麻美(がん性疼痛看護認定看護師)
■白石 裕実(緩和ケア認定看護師)
■病棟看護師・外来看護師・看護助手


■上記スタッフに加え、精神科医師(非常勤)、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、メデイカル・ソーシャル・ワーカー(MSW)、臨床心理士(非常勤)で構成される多職種によるチーム医療を行います。

このページのトップへ