• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

薬剤部

診療内容

薬剤部では、一人一人の患者さんにくすりを安全に正しく使っていただけるようさまざまな業務を行っています。
医薬品はさまざまな病気で精神的、身体的に苦しんでいる患者さんを治療するための大切なものですが、正しく使うことによって初めて十分な効果が得られます。
医薬品は効果の高い性質を持つ反面、十分理解して使用しないと逆効果になってしまう医薬品もあります。
また、医薬品同士で効果を強めあったり、弱めあったりすることがあります。
あるいは、食事、健康食品やサプリメントとの併用が医薬品の効果に影響を与えることもあります。
医薬品についてあるいはそれを使う時に不明なこと、疑問点等ありましたら薬剤師に遠慮なくご相談ください。

クリックするとそれぞれの詳細な説明へジャンプします。

診療内容詳細

調剤業務

調剤室

医師の診断により疾病の治療や予防を目的として、処方せんが発行されます。
処方せんの種類によって、薬剤部から薬を受け取ったり、院外の調剤薬局に処方せんを持っていき薬を受け取ったりします。
処方せんを受け取った薬剤師は、まず処方の監査を行います。
薬の成分が二重になっていないか、相互作用(薬の飲み合わせ)の心配はないかなどの様々なチェックを行います(必要により、処方した医師に問い合わせを行います)。
処方に問題がなければ薬を調剤します。
出来上がった薬はもう一度監査され、薬に間違いは無いか、指示は間違えていないかなどをチェックし、患者さんにお渡しします。

注射薬の調剤および外来化学療法

注射調剤

個々の患者さんの注射せん(注射用の処方せん)により、注射薬のセット(払い出し)を行っています。
また、処方せんの内容について注射薬の量、投与期間、どこからどの位のスピードで投与するか、混合して使用する場合には薬同士が相互作用をおこして効果が変わることがないか、 などのチェックを行います。

化学療法室

外来化学療法室では、化学療法審査委員会で審査されたレジメンに基づき、薬剤師が無菌的に注射薬の混合(混注)を行っています。また医師の依頼により薬剤師が患者さんに抗悪性腫瘍薬の効能・効果、投与計画、副作用とその対策、日常生活での注意点などを文書を用いて説明を行っています。

薬剤管理指導業務

薬剤管理指導業務は、まず入院時に患者さんが他院から持ってこられた薬(持参薬)を調べることから始まります。持参薬の内容や日数を確認し、電子カルテに入力することで、入院中に処方されるお薬との相互作用チェックが自動で行えます。そして、ベッドサイドでの薬の説明、副作用チェック、退院時指導へと続きますが、病室に出向いて直接お話をしますので薬に関する不安や疑問点にもお答えすることができます。退院の際にも服薬指導やお薬手帳への処方内容の記載を行い、退院後の薬物療法に対するフォローを行っております。

医薬品情報室・創薬管理室

治験業務

医薬品は、有効性と副作用を十分確認した上で発売されます。
しかし、発売後多くの患者さんさんに使用されることにより、それまで分からなかった副作用や新しい効果が発見されたりすることがあります。
多くの文献からこれらの情報を収集し、できるだけ早く医師に伝え、薬が適正に使われるよう協力しております。
また、オーダリングシステムの医薬品マスタのメンテナンス、外来患者さんのお薬相談を担当しています。
創薬・育薬業務として開発中のくすりの治験及び市販後調査、臨床研究等の支援業務を実施しております。

その他の業務

薬品管理業務(必要な薬を必要なときに必要な数だけ提供できるように管理する)、製剤業務(医療に必要な発売されていない薬を造る)等を行っています。
また、医療の質の向上とともに患者さん一人一人に対するきめ細かい治療と支援を目的として、専門的な知識や技術をもった医師、看護師、検査技師、放射線技師、栄養士、MSW(メディカルソーシャルワーカー)、薬剤師等が「チーム」を結成し活動しています。
現在感染対策チーム(ICT)、栄養サポートチーム(NST)、疼痛緩和チーム等が活動を行っています。薬剤師は、その他くすりが関連する多くの業務に取組んでいます。

認定資格

外来がん治療認定薬剤師 3名(日本臨床腫瘍薬学会)
感染制御認定薬剤師 3名(日本病院薬剤師会)
抗菌化学療法認定薬剤師 2名(日本化学療法学会)
日本臨床試験学会認定GCPパスポート 2名
日本臨床試験学会認定 がん臨床研究専門職 1名
日本癌治療学会認定データマネージャー 1名
診療情報管理士 1名
認定実務実習指導薬剤師 5名(日本薬剤師研修センター)

薬薬連携

抗がん剤の外来通院治療を行う上で適切な治療の提供とその安全性を確保していくためには、病院と保険薬局との情報共有が不可欠です。経口抗がん剤についてアドヒアランスの向上、副作用のマネジメントに対して情報の共有化を図る目的で同意を得た患者さんに「レジメン情報提供書」をお渡ししています。保険薬局での服薬指導を通して医療機関へ情報提供が望ましいと判断された場合は「トレーシングレポート」(施設間情報共有書)を下記からダウンロードして頂き、薬剤部トレーシングレポート専用FAX(072-437-8075)へ送信下さい。薬剤部より処方医師へ情報伝達を行い情報の共有化を図ります。

トレーシングレポート(施設間情報共有書)(PDF)

レジメン一覧(内服薬+注射薬 併用レジメン)

外科

乳腺外科

このページのトップへ