• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科

一般泌尿器科疾患(慢性腎不全における腎移植・透析関連を除く)に対応します。特に、泌尿生殖器がん、前立腺肥大症などの排尿障害、尿路結石症、尿路感染症、内分泌外科(副腎・上皮小体)に重点をおいた診療を行います。

泌尿器科の特徴

近年の高齢化に伴い、泌尿器科においても高齢者の癌、排尿障害、尿路結石症、尿路感染症が増加しています。手術では、体に負担の少ない腹腔鏡等の内視鏡手術を積極的に行い、進行がんに対しては、化学療法と放射線療法を含めた集学的治療を行い、生活の質を重視した治療とケアを行います。
また当院では、停留精巣や膀胱尿管逆流症などの小児泌尿器科疾患の手術にも対応しています。

診療内容

膀胱がんの治療

膀胱がんの多くは表在性乳頭状がんで経尿道的腫瘍切除術(TUR-BT)で治療可能といわれています。しかし表在性膀胱がんは再発しやすく、再発頻度の高い方・多発性の方にはBCGの膀胱内注入療法を行い、再発防止を計ります。また表在性の中でも上皮内がんの多くはBCG膀胱内注入療法により膀胱温存が可能です。局所浸潤性膀胱がんの標準的治療は原則膀胱全摘術ですが、術前もしくは術後に全身化学療法(GC療法等)を追加することがあります。膀胱全摘術にともなう尿路変更術では主に回腸導管造設術,自然排尿型尿路変更術(主にStuder法)を行います。また膀胱全摘術ができない方・希望されない方にはTUR-BT・化学療法・免疫療法(免疫チェックポイント阻害薬)・放射線療法などを組み合わせた集学的治療による膀胱温存治療にも取り組んでいます。患者さんの年齢、体力、適応、QOLに応じた治療を選択します。

腎盂尿管がんの治療

膀胱がんと同じく尿路上皮から発生しますが、腎盂・尿管は膀胱に比べて壁が薄く、特に悪性度の高いがんは早期に浸潤・転移をきたしやすいのが特徴です。泌尿生殖器がんのなかで最も予後不良ながんです。切除可能であれば腎尿管全摘除術を行います。多くの症例で腹腔鏡下手術を行っています。進行がん、転移がんでは積極的に全身化学療法、免疫療法、放射線療法による集学的治療を行います。

腎がんの治療

近年増加しているがんの一つですが、人間ドックや他疾患観察中の超音波・CT検査により偶然発見される早期がんが増えています。最も良い治療法は手術による摘除術で、根治的腎摘除術のほとんどは腹腔鏡手術で行います。また4cm以下の腫瘍であれば、その多くは腎を温存する部分切除術でも全腎摘除術と比べて生存率は変わりませんので、腎機能温存の目的で部分切除術を薦めます。症例によっては腹腔鏡下部分摘除術も可能です。近年、腎がんでは化学療法の進歩が著しく、生存率が向上しています。根治切除不能または転移性の腎がんに対しては分子標的薬や新しい免疫療法(免疫チェックポイント阻害薬)を行います。

前立腺がんの治療

男性のがんである前立腺がんは罹患率の高いがんですが、がんの中で最も生存率の高いがんです。前立腺特異抗原(PSA)検査の普及により早期に発見される症例が増えているからだけでなく、ホルモン療法がよく効くからです。当院には、副作用の少ない高精度放射線治療装置があり、年間治療件数も豊富で幅広い治療の選択が可能です。局所限局または局所進行がんの根治的治療法として、前立腺全摘除術または放射線単独治療、ホルモン療法+前立腺全摘除術または放射線治療、ホルモン療法+前立腺全摘除術+放射線治療を行います。前立腺がんは全般的に進行が遅く、予後良好で生存率の高いがんですが、悪性度の高い局所進行がんや発見時に骨または他臓器に転移のある方の多くは数年後にホルモン治療抵抗性再燃がんになります。近年、新しいホルモン療法、化学療法が進歩し、このような再燃がんに対しても有効な抗がん剤治療があります。

副腎腫瘍の治療

内分泌組織である副腎は体の奥深いところに位置し、従来の開腹手術では腫瘍のサイズが小さくても、大きな切開が必要でした。副腎腫瘍に対する腹腔鏡下副腎摘出術は鏡視下手術のなかでも最も良い適応とされており、ホルモン活性腫瘍や転移性副腎腫瘍に対して行います。

尿路結石症の治療

上部尿路結石症(腎・尿管結石)外科的治療の3本柱である体外衝撃波結石破砕術(ESWL),レーザーを用いた経尿道的腎尿管結石砕石術(TUL)や経皮的腎尿管結石砕石術(PNL)による低侵襲的手術が可能です。大きい結石や多発する結石に対しては、砕石・排石効率を高める目的でTAP(TUL・PNL同時併用手術)も行います。

前立腺肥大症の治療

薬物療法が中心ですが、薬剤抵抗性の大きな前立腺肥大症や尿道閉塞の強い症例は手術を行います。低侵襲の経尿道的前立腺切除術(TUR-P)、経尿道的前立腺核出術(TUEB)を中心に行っています。

尿路感染症の治療

近年、長期臥床等による高齢者の上部尿路閉塞を伴う結石性腎盂腎炎が増加しており、敗血症・菌血症をきたし致死的になることがあります。緊急処置・手術が必要な場合は迅速に対応します。

このページのトップへ

診療予定表

※医師の交替や変更、また休診の場合もございますのでご注意願います。

午前
1診 江左 篤宣 杉本 公一 江左 篤宣 森 康範 杉本 公一 初診・
急患
2診  
午後
1診 桑原 賢 豊田 信吾 菊池 尭 豊田 信吾
  手術日 外来手術 手術日

このページのトップへ

実績

手術件数

項目 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
腎摘除術

14

9

5

6

6

腎部分切除術

8

3

2

5

3

腎尿管全摘術

7

12

4

5

4

経皮的腎尿管砕石術

0

3

0

5

2

体外衝撃波腎・尿管結石破砕術

72

44

57

51

55

経皮的腎嚢胞穿刺術

3

2

1

1

1

経皮的腎瘻造設術

6

7

0

6

15

腎盂形成術

1

0

1

0

0

副腎摘出術

0

1

0

0

1

尿管 経尿道的尿管砕石術

33

26

36

21

22

尿管膀胱新吻合術

1

1

2

0

1

経尿道的尿管ステント留置術

114

105

108

94

63

膀胱 膀胱全摘除術

2

5

5

2

2

膀胱部分切除術

1

1

2

0

3

回腸導管造設術

0

5

5

0

2

経尿道的膀胱腫瘍切除術

91

95

98

97

105

尿膜管腫瘍切除術

0

1

1

0

0

膀胱脱手術

0

1

0

2

5

経尿道的膀胱砕石術

11

17

18

10

13

前立腺 前立腺全摘除術

20

14

22

11

12

被膜下前立腺摘除術

1

1

0

0

0

経尿道的前立腺切除術

24

31

33

37

21

前立腺生検

111

122

111

125

96

尿道 内尿道切開術

5

4

2

3

2

TVT尿道つり上げ術

1

2

1

2

3

カルンクル切除術

2

4

1

5

1

陰嚢陰茎 精巣固定術

2

2

4

5

2

高位精巣摘除術

9

8

15

9

4

陰嚢水腫根治術

6

9

5

6

2

被膜下精巣摘除術

0

1

0

0

1

陰茎切除術

0

0

0

0

0

包茎手術

4

4

3

3

5

上皮小体摘除術

2

0

2

0

1

後腹膜腫瘍摘除術

1

0

0

0

0

尿膜管のう胞切除術

0

0

0

0

0

ボアリ手術

0

0

0

0

0

尿道憩室切除術

0

0

0

0

0

膀胱結腸瘻修復術

0

0

0

0

0

その他

25

9

10

18

13

合計

577

549

554

529

466

 


医師・スタッフ紹介

江左 篤宣 (副院長 兼 泌尿器科主任部長)

経歴
 1983年卒
 「The Best Doctors in Japan 2018-2019」
 「The Best Doctors in Japan 2020-2021」

資格
 日本泌尿器科学会専門医・指導医
 日本泌尿器科学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
 日本がん治療認定医制度暫定教育医
 難病指定医
 大阪泌尿器科臨床医会理事

杉本 公一 (泌尿器科部長)

経歴
 2002年卒

資格
 日本泌尿器科学会専門医・指導医
 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
 日本排尿機能学会専門医
 日本臨床腎移植学会認定医
 臨床研修指導医
 難病指定医

豊田 信吾 (泌尿器科医長)

経歴
 2011年卒

資格
 日本泌尿器科学会専門医
 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

桑原 賢 (泌尿器科医長)

経歴
 2009年卒

資格
 日本泌尿器科学会専門医

このページのトップへ