• 交通アクセス
  • サイトマップ

文字の大きさ

産婦人科

産婦人科

市立貝塚病院産婦人科は、泉州広域母子医療センターの婦人科医療センターとして、婦人科領域の良性、悪性腫瘍を中心に婦人科疾患全般の診断と治療を行っています。思春期から老年期まで幅広く取り扱い、全てにおいて心にも身体にも優しいケアを心がけています。
また、外来診療での妊婦健診や助産師による妊産婦指導も行っており、りんくう総合医療センターの周産期医療部門と連携し診療にあたっています。

産婦人科の特徴

1)関西でも有数の婦人科がん治療数と実績

地域がん診療拠点病院としてすべての婦人科悪性疾患に対応し、手術・化学療法・放射線治療の集学的治療で関西でも有数の婦人科がん治療数を手がけています。

高精度放射線治療装置による放射線治療

副作用の少ない、高精度放射線治療装置を導入。
放射線治療の専門医と連携しながら安全性を重視した治療を行っています。

手術療法と化学療法の併用

特に子宮体がん・卵巣がんでは、積極的に手術療法と化学療法の併用治療を行い、進行期のがんに対しても好成績を得ています。

→実績参照

2)常に高度で安全な最新医療を提供

悪性疾患に関しては大阪大学と情報共有するなど、最新の医療への取り組みを行っています。

子宮頸がんに対する神経温存広汎子宮全摘術

排尿障害などの後遺症を極力軽減することができます。

初期進行子宮頸がんの妊孕性温存が可能な広汎子宮頸部摘出術

子宮を温存することで、妊娠・出産が可能になります。
高度な技術で、全国でも数少ない施設でしか実施できません。

3)低侵襲で負担の少ない高度な腹腔鏡下手術の実施

傷口が小さく患者さんの負担が少ない腹腔鏡下手術を積極的に実施。

腹腔鏡下子宮体癌根治手術の施設認定を取得(平成24年10月)

当院では、良性疾患のみでなく子宮体がんにも腹腔鏡下手術が可能です。
平成26年3月までは先進医療となっていましたが、平成26年4月1日より保険適応となりました。

子宮筋腫、卵巣嚢腫の腹腔鏡下手術を積極的に実施

4)他施設では少ない膣式子宮全摘術の実施

お腹を切らないため患者さんの負担が少ない腟式子宮摘出術を積極的に実施。

5)医師の教育施設としての役割

当院は、日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設・日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設・日本産科婦人科内視鏡学会認定医研修施設で、 産婦人科専門医・婦人科腫瘍専門医・内視鏡技術認定医のすべての取得を目指すことができる数少ない施設の一つです。

泉州広域母子医療センターとの連携について

産婦人科医不足のなか泉州地域の産婦人科診療を守るため、「市立貝塚病院」と「りんくう総合医療センター」の産婦人科を統合したのが泉州広域母子医療センターです。病院施設を越えて医師が診療し情報を共有することで泉州地域の産科・婦人科をカバーしています。
また、豊富な実績をもとに高度な医療を提供するだけでなく、産婦人科の医師育成にも大きな役割を担っています。

泉州広域母子医療センターとの連携について

=夜間、休日の診療は「りんくう総合医療センター」にて行います=

市立貝塚病院スタッフとりんくう総合医療センターのスタッフが、複数でりんくう総合医療センターでの産婦人科救急診療にあたっています。そのため、当院の外来通院中の患者様が夜間や休日に受診を希望される場合も、りんくう総合医療センターを受診していただきます。

●りんくう総合医療センター
  時間外緊急の産婦人科対応電話番号
TEL072-469-3111(代)
TEL072-469-7856
●市立貝塚病院TEL072-422-5865(代)

診療内容

子宮頸がん

子宮体がん

卵巣がん

若年者の早期がんに対しては患側卵巣の摘出だけの縮小手術を行っています。
進行卵巣がんに対しては、傍大動脈リンパ節郭清を含め徹底した根治術を施行しています。術後の残存腫瘍の大きさが予後に影響するというエビデンス(臨床結果などの科学的根拠)があることから、外科や泌尿器科の協力により腸切除などを含め腹腔内病巣をできる限り摘出します。
術前術後の抗がん剤と手術療法の併用で、長期生存を可能としています。
日本婦人科悪性腫瘍機構(JGOG)・大阪大学を中心とする大阪婦人科腫瘍研究会(GOGO)の臨床研究にも積極的に参加し、最新の治療を行っています。

子宮筋腫

症状が強く、保存的治療では困難な場合に手術治療を選択します。
子宮温存(筋腫核出術)に関しては、適応があえば腹腔鏡下手術子宮鏡下手術にも対応しています。
子宮全摘術は、疾患の状態や妊娠歴などにより、腹腔鏡下手術・膣式手術・開腹手術、いずれも豊富な経験の下、最善の方法を選択します。

卵巣腫瘍

画像診断で良性と判断した場合は基本的に腹腔鏡下手術で行っています。

子宮内膜症

腹腔鏡下手術・低用量ピル・黄体ホルモン療法など国際標準にも沿った治療を、各個人の状況に応じて選択しています。

子宮脱、膣脱

骨盤再建手術:膣式子宮全摘(前後膣壁縫縮・McCall手術)・膣式子宮全摘(膣閉鎖術)などから極力再発の少ない方法を選択して行っています。

診療予定表

午前
1診 初診・
再診

横井 猛
初診・
再診

金尾 世里加
初診・
再診

大塚 博文
初診・
再診

直居 裕和
初診・
再診
9:15〜

三好 愛
初診・
急患
7診 長松 正章 初診・
再診

涌井 菜央 
長松 正章 初診・
再診

藤城 亜貴子
初診・
再診
9:15〜

原 武也
8診 初診・
再診

三好 愛
  横井 猛      
9診 初診・
再診

直居 裕和
  初診・
再診

金尾 世里加
     

※午後診療については、すべて予約の方のみの診療です。

午後
1診 横井 猛 金尾 世里加 大塚 博文 直居 裕和 三好 愛  
7診 涌井 菜央 藤城 亜貴子 原 武也  
8診        
9診 直居 裕和        
手術日 手術日 手術日

実績

手術実績

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年

婦人科手術件数

758件

776件

805件

820件

789件

1.悪性腫瘍手術

220件

183件

191件

189件

227件

  円錐切除術

108件

80件

75件

87件

97件

  子宮頚癌

  (内 腹腔鏡下手術)

19件

22件

26件

19件

17件

(5件)

  子宮体癌

  (内 腹腔鏡下手術)

45件

(2件)

40件

(3件)

41件

(4件)

33件

(12件)

52件

(18件)

  卵巣癌

39件

32件

34件

37件

39件

  卵管癌

1件

2件

5件

1件

2件

  腹膜癌

2件

1件

3件

4件

1件

  子宮肉腫

1件

4件

2件

1件

7件

  子宮内膜異型増殖症

  (内 腹腔鏡下手術)

2件

0件

3件

5件

(1件)

12件

(5件)

  その他(外陰癌、膣癌)

3件

2件

0件

2件

0件

2.内視鏡手術

247件

267件

303件

351件

403件

  (a)腹腔鏡手術

200件

211件

235件

302件

355件

     子宮全摘術

34件

34件

53件

91件

125件

     子宮筋腫核出術

10件

22件

28件

16件

25件

     卵巣腫瘍,内膜症

152件

149件

153件

188件

171件

     その他

     (異所性

      妊娠など)

4件

6件

4件

7件

6件

  (b)子宮鏡手術

47件

56件

65件

49件

48件

3.開腹良性疾患手術

199件

183件

170件

153件

73件

  子宮全摘出術

94件

111件

115件

119件

60件

  子宮筋腫核出術

45件

31件

32件

16件

5件

  卵巣腫瘍

55件

39件

23件

18件

8件

4.膣式手術

89件

125件

124件

119件

87件

  性器脱

41件

55件

55件

74件

61件

  子宮筋腫、CIS(VT)

31件

40件

31件

18件

7件

  その他

16件

30件

38件

27件

19件

5.その他

5件

18件

18件

21件

27件

論文・研究等 産婦人科業績

2011年 産婦人科業績
2012年 産婦人科業績
2013年 産婦人科業績
2014年 産婦人科業績
2015年 産婦人科業績
2016年 産婦人科業績

このページのトップへ

医師スタッフ紹介

長松 正章 (名誉院長)

専門分野
 産婦人科全般
経歴
 関西医大 1973年卒
資格
 日本産婦人科学会専門医
 母体保護法指定医
 麻酔標榜医
ひとこと
 約30年この地域の産婦人科医療に尽力してまいりましたが、
 これからも良き相談相手として頑張っていきます。

横井 猛 (診療局長 兼 産婦人科主任部長 兼 婦人科腫瘍センター長)

専門分野
 産婦人科全般、婦人科腫瘍(良性・悪性)
 内視鏡下手術
経歴
 奈良県立医科大学 1993年卒
 「The Best Doctors in Japan 2012-2013」
 「The Best Doctors in Japan 2016-2017」
資格
 日本産婦人科学会専門医
 日本産科婦人科学会指導医
 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
 日本婦人科腫瘍学会暫定指導医
 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
 日本内視鏡外科学会技術認定医
 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 
 母体保護法指定医
 医学博士(大阪大学)
学会役職
 日本婦人科腫瘍学会代議員
 日本産科婦人科内視鏡学会技術評議員
 近畿産婦人科内視鏡手術研究会評議員
 大阪産婦人科医会評議員 
 泉州産婦人科医会評議員
 日本産婦人科内視鏡学会 技術審査員
ひとこと
 婦人科疾患に関して最高の医療をお届けできるよう、スタッフ一丸となって
 日々研鑽を積んでいます。「すべては患者さんのために」をモットーに誠実に
 診療に当たっています。

大塚 博文 (産婦人科部長)

専門分野
 産婦人科全般
 婦人科腹腔鏡手術
経歴
 大阪大学医学部 1999年卒
資格
 日本産婦人科学会専門医
 日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
 母体保護法指定医

三好 愛 (産婦人科医員)

経歴
 大阪大学医学部 2004年卒
資格
 日本産婦人科学会専門医
 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
 日本産科婦人科学会指導医
 日本内視鏡外科学会技術認定医

直居 裕和 (産婦人科医長)

経歴
  大阪大学 2008年卒
資格
 日本産婦人科学会専門医
  日本がん治療認定医機構がん治療認定医
 母体保護法指定医

金尾 世里加 (産婦人科医長)

経歴
 兵庫医科大学 2009年卒
資格
 日本産婦人科学会専門医
 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

原 武也 (産婦人科医員)

経歴
 愛知医科大学 2013年卒

涌井 菜央 (産婦人科医員)

経歴
 大阪大学医学部 2014年卒

亀井 裕史 (産婦人科医長)

経歴
 大阪大学医学部 2015年卒

このページのトップへ